機械学習 Advent Calendar 2018 - Adventar の19日目の記事です。

Optuna

ハイパーパラメータ自動最適化ツール「Optuna」公開 | Preferred Research

Optunaが公開されて、Julia言語でもハイパーパラメータ自動最適化ツールを探してたら、baggepinnen/Hyperopt.jl が一番求めているものに近かったので触ってみました。

MNIST 問題

皆大好きMNIST。ちなみに、Juliaだと以前は MNIST.jl からデータが取得できたけどメンテされてなく、Julia 1.0 だと動かないので、MLDatasets.jl を利用する。

試してみたコード

JuliaのランダムフォレストライブラリDecisionTree.jlでMNIST を参考に Julia 1.0 でも動くようにしていく。

Hyperopt.jl は対応ライブラリとかなく、ランダムで複数のハイパーパラメータの選択した範囲を試してくれて、一番良い結果を返してくれるだけなので、色々使える気もするけど、結局ランダムなので、ある程度値の範囲は絞ってあげる必要がありそう。

無事に正答率は上がったけど、過学習の可能性もあるので、そこら辺は工夫が必要そう。 とりあえず、雰囲気と使い方がわかったので良しとする。

それよりも、もっと Optuna で遊んでみたい欲がある。 こんな感じでハイパーパラメータも簡単に設定できていけるといいですね。