最近 Rails 開発で puma-dev とかを入れていると、fsevent_watch プロセスが量産されて、プロセス上限数に達し

fork: Resource temporarily unavailable

というエラーが出て開発が中断される。

色々なところで議論もされていて、まだ根本的な解決はされていない様子

listen gem を削除したり development.rb を修正する必要があるみたいだけど、Railsアプリのコードをいじってしまうと他の人の開発環境にも影響が出るので、自分の Mac のプロセス上限を上げることに。

以前の MacOSX だと、 /etc/launchd.conf をいじれば良さそうだったけど、Sierraではそんなファイルが存在していなく、調べると

Open Files Limit

という記事で、次の2つのファイルを作ることで対応できるみたい。

/Library/LaunchDaemons/limit.maxfiles.plist

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>Label</key>
    <string>limit.maxfiles</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>launchctl</string>
      <string>limit</string>
      <string>maxfiles</string>
      <string>200000</string>
      <string>200000</string>
    </array>
    <key>RunAtLoad</key>
    <true/>
    <key>ServiceIPC</key>
    <false/>
  </dict>
</plist>

/Library/LaunchDaemons/limit.maxproc.plist

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple/DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>Label</key>
    <string>limit.maxproc</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>launchctl</string>
      <string>limit</string>
      <string>maxproc</string>
      <string>2048</string>
      <string>2048</string>
    </array>
    <key>RunAtLoad</key>
    <true />
    <key>ServiceIPC</key>
      <false />
  </dict>
</plist>

再起動して、 $ sudo launchctl limit コマンドで maxproc と maxfiles が増えていればOK